カードローンの返済方法と期間について

カードローンの返済方法ですが、ごく少額であれば一括払いというものもありますが、ある程度の金額になってくると一括払いでは困ります。一括で返済できるような人であればそもそもカードローンの必要がないと考えられることも多いでしょう。
そのため、ある程度以上の金額でのカードローンになると、リボルビング払いという返済方法が取り入れられていることが多くなっています。これは分割払いの一種ですが、一般的な分割払いとは異なって、毎月の返済額をほぼ一定にして返済する方法です。そのため、返済期間については借入額によって長くなることもあれば短くなることもあります。
このリボルビング払いのメリットは、毎月の返済額をほぼ一定にすることで、自分がその月に使えるお金がどれくらいかが把握しやすくなるということにあります。毎月の返済額が月によって変わるのでは、返済のためにいったいどれくらいのお金を残しておかなければならないのかがなかなか読めません。もしかしたら思った以上に返済額が大きくなり、毎月の返済ができなくなってしまうことがあるかもしれないのです。リボルビング払いの場合は予め返済額が分かっていますから、自分の毎月の収入の中でどれくらいのお金を返済のために残しておかないといけないのか、言い換えればその月に自分が使ってよいお金はどれだけなのかを予めきちんと把握することができるというのが大きなメリットになります。
一方でデメリットとしては返済期間が読みにくくなることが挙げられます。